一般財団法人日本緑化センター bookshop

Top カテゴリー一覧 ログイン Myページ ご利用案内 特定商取引法に基づく表記 お問い合わせ 会員登録

グリーン・エージ2017年3月号|商品詳細

グリーン・エージ2017年3月号
グリーン・エージ2017年3月号
販売価格 800 円 (税込)
在庫 あり

特集・海浜植物の保全を考える(3/15発売)

 
この商品について問い合わせる
この商品を友達に紹介する
数量

------------------------------------------------------------------------
本書の内容

わが国の砂浜は減少傾向にあり、海浜植物も著しい衰退がみられます。
海浜植物には砂の移動を抑え、砂丘を維持し、砂浜の生態系を保全する大切な役割があります。
本号では、砂浜の特徴と環境、海浜植物の現状を明らかにしたうえで、保全の観点から、海岸林と砂草地の関係、海浜植生の再生や保全の事例、海流散布植物の生態を通して、海浜植物の保全について考えます。



特集・海浜植物の保全を考える
  • 今日の課題・海浜植物・海浜植生を保全する意義 / 兵庫県立淡路景観園芸学校/兵庫県立大学 准教授 澤田 佳宏
  • 海岸砂丘の特徴と環境 / 鳥取大学地域学部 教授 永松  大
  • 絶滅の危機にある海浜植物の現状 / 広島工業大学環境学部 准教授 岡  浩平
  • 海岸林における砂草地の機能と保全 / 山形県最上総合支庁 産業経済部 森林整備課長 梅津 勘一
  • 仙台平野海岸林造成地への海浜植生の導入 / 北の里浜 花のかけはしネットワーク 代表 鈴木  玲
  • 海路を旅する植物−汎熱帯海流散布植物から考える海浜環境の保全 / ふじのくに地球環境史ミュージアム 山 浩司
  • 砂浜の海浜植生とアカウミガメ / NPO法人表浜ネットワーク 代表理事 田中 雄二
  • 湘南海岸 砂草の100人里親プロジェクトー海浜植物の里親制度による保全活動の紹介 / 認定特定非営利活動法人ゆい 理事長 荒井三七雄
連載・記事等
  • アジアンランドスケープへの模索<5>シンガポール編(その1)―都市と方位― /  増田 元邦 
  • 自然遺産を守り伝える<3>V 生育基盤診断・対策に際しての重要な知見と課題 / 元静岡大学教授 伊藤 忠夫
  • 草木に学ぶ里山の自然再生<80>身近な自然植生 / 日本緑化センター 主任研究員 麻生  嘉
  • トピックス・クビアカツヤカミキリによるサクラ等の被害について /  浦田 啓充
  • 自然再生士補が参加した福井県・白山地区での自然再生実施研修 / 福井県立大学 海洋生物資源学部海洋生物資源学科 3年・自然再生士補 小林亜梨沙
---------------------------------------------------------------------------
カートを見る

カゴの中身は空です。

グリーン・エージ
  ≫年間購読
  ≫〜2007年
  ≫2008年
  ≫2009年
  ≫2010年
  ≫2011年
  ≫2012年
  ≫2013年
  ≫2014年
  ≫2015年
  ≫2016年
  ≫2017年
出版物
  ≫緑化技術
  ≫松関連
  ≫自然再生関連
  ≫園芸セラピー
  ≫DVD

 

FAX、E-mailでもご注文を承ります。
FAX 03-3582-7714

送料・お支払方法について

当サイトではプライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
 




一般財団法人日本緑化センター 〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル ≫センターHP ≫マツ再生プロジェクトHP