日本緑化センター WEB Bookshop






Top カテゴリー一覧 ログイン Myページ ご利用案内 特定商取引法に基づく表記 お問い合わせ 会員登録

グリーン・エージ2016年6月号|商品詳細

グリーン・エージ2016年6月号
完売 在庫切
グリーン・エージ2016年6月号
販売価格 800 円 (税込)
在庫 売り切れ
 

特集:最近のマツ枯れ対策を考える

この商品について問い合わせる
この商品を友達に紹介する
 

------------------------------------------------------------------------
本書の内容

全国の松くい虫被害量は、平成26年度は約56万m³で23年度以降やや減る傾向にあるものの、青森県でも平成27年7月に深浦町広戸地区等で被害が発生し、北海道を除く全域に被害が及んでいます。
本号では、石川県の被害の特徴と対策、マツ材線虫病の感染経路、防除効果を確実にする発生予察システム、DNA診断技術の応用、大学と地域による松林保全など最近の対策について考えます。
特集・最近のマツ枯れ対策を考える
  • 今日の課題:最近のマツ枯れの傾向と対策を考える / 神戸大学大学院農学研究科 教授 黒田慶子
  • マツノマダラカミキリが関与しない線虫感染経路 / 千葉大学名誉教授 本山直樹
  • マツ材線虫病の被害を受けた海岸林再生技術 / 愛知県森林・林業技術センター 技師 中島寛文
  • 石川県における近年の松くい虫被害と取組 /  石川県農林水産部森林管理課
  • ベールマン法とマツ材線虫病診断キットの応用と課題 / NPO松くい虫®(特定非営利活動法人松くい虫研究センター) 理事長 阿部 豊
  • 「炭やきで夕日の松原まもり隊」のめざすもの / 秋田県立大学生物資源科学部 教授 蒔田明史
  • ナラ枯れ被害発生予測図による早期警戒システム / 山形県森林研究研修センター 研究主幹 斉藤正一
連載・記事等
  • 人と環境<14>絶滅が危惧される房総のヒメコマツ保全の試み / 千葉県立中央博物館 主任上席研究員 尾崎煙雄
  • 緑道<9>鉄道敷地を利用した緑道 / 鳥取大学農学部 教授 日置佳之
  • 世界の植物園をめぐる<3>ヨーロッパの植物園事情 / 日本緑化センター 企画広報部長 瀧 邦夫
  • 生きもの日誌<38>フナ−フナに始まりフナに終わる− / 和歌山県立自然博物館 学芸員 揖 善継
  • 草木に学ぶ里山の自然再生<71>エンレイソウのなかま / 日本緑化センター 主任研究員 麻生 嘉
---------------------------------------------------------------------------

カートの中身は空です。

出版物
  緑化技術
  松関連
  自然再生関連
  DVD
  園芸セラピー
グリーン・エージ
  年間購読
  2019年
  2018年
  2017年
  2016年
  2015年
  2014年
  2013年
  2012年
  2011年
  2010年以前

 

 

◆お知らせ

FAX、E-mailでもご注文を承ります。
FAX 03-3582-7714

送料・お支払方法について

当サイトではプライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。




一般財団法人日本緑化センター 〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル